GALLERIA PROVA



J.トレンツ・リャド原画展
豪華画集発刊記念~初来日より20年~ 終了



プリマヴェーラ




油彩 100×100(cm) 1992年   右上下は部分

寒くて暗い冬の向こう側に、美しい花が咲くあたたかい春(プリマヴェーラ)が待っているということを表しているようです。
この作品はリャドの晩年に描かれたもので、光と影の表現はもちろんのこと、抽象と写実、緻密さと大胆さがバランスよく描かれ、非常に洗練された作品です。
大きなキャンバスに繊細かつ力強い作品を描きましたが、この翌年の11月にリャドは逝ってしいまいました。



ジヴェルニーの湖II




油彩 100×100(cm) 1988年   右上下は部分

パリの西方に位置するジヴェルニーは、印象派画家の巨匠クロード・モネが晩年居を構えた場所として知られています。モネの庭園には色とりどりの花が咲いており、人気のある観光地です。中でも有名なのがモネ自身の作品のモデルとなった池にある睡蓮。
リャドも好んでここを訪れ、睡蓮を描きました。穏やかな水面の光と影、そこに浮かぶ睡蓮が力強く表現され、存在感を出しています。
ちょうどこの作品を発表した頃、リャドは世界中の様々な分野で活躍した人に贈られる"パーソナリティー・オブ・ザ・イヤー"に選ばれ、スペイン人としてはミロ、ダリに続く栄誉を得ました。彼自身、存在感を現し始めた時期でもありました。



1 2 3 4