ガレリア・プロバ

ガレリア・プロバ1988年夏発行「Heart Warming」


帝王がヒロとコンビを組んだ。

ゴルフ界の帝王、ジャック・二クラウスといえば、先頃「今世紀最高のゴルファー」としてアメリカプロゴルフ協会から表彰され、前人未到のメジャータイトル20勝の偉業を誇る世界の帝王です。 その帝王がヤマガタの絵に惚れ込み、「私たちゴルファーをモデルにした絵を描いてほしい」とアプローチ。 ヒロもこれを快諾して、ゴールデン・ベアの思い出のシーンを手掛けることになりました。

ヤマガタ ヒロミチ「ライダーカップ」
ヤマガタ ヒロミチ「ライダー カップ」

実は二人はアメリカのゴルフコースでは顔見知り。プレー中の二クラウスは、しばしばスケッチ中のヤマガタを見かけているといいます。 描くテーマは二クラウスが手にした全米オープン、マスターズ、全米プロ、全英オープンの4大トーナメントとライダーカップの5点シリーズ。 名選手同士がグリーン上で火花を散らす名シーンが、いまヤマガタの手で来年8月(1988年当時)シリーズ完成をめざして進められています。

ヤマガタ ヒロミチ「クラブ・バハマ」
ヤマガタ ヒロミチ「クラブ バハマ」

ヤマガタ ヒロミチ「リビエラ」
ヤマガタ ヒロミチ「リビエラ」

ヤマガタ ヒロミチ「アメリカン・トレイン」
ヤマガタ ヒロミチ「アメリカン トレイン」(部分)
ヤマガタ ヒロミチ 山形 博導
1948年 滋賀県生まれ。
1967年 高校卒業後、椙村睦親氏に絵を師事。在学中には地方団体主催公募店での受賞多数。
1972年 パリ国立美術学校の奨学生として留学。
1978年 ロサンザルスに移住。初の個展で大成功をおさめる。
1984年 ロサンゼルス市観光誘致キャンペーンの公式ポスター制作。日本で初の個展開催。
1986年 「自由の女神100周年近年」ポスターを制作。
1987年 「ソウル・オリンピック」「カルガリー・オリンピック」の公式ポスター制作。
ヤマガタ ヒロミチ「スターライトエキスプレス」
ヤマガタ ヒロミチ「スターライトエキスプレス」

ヤマガタ ヒロミチ「フルムーン」
ヤマガタ ヒロミチ「フルムーン」

「ナイーブな饒舌体」

「画面いっぱいにネアカで陽気なエネルギーが爆発する、絵画のGABBY STYLE(ギャビー・スタイル)のバリエーションでヤマガタ人気が上昇したといえる。 ・・・彼が青年時代私淑したというアンリ・ルソー、あるいはピーター・ブリューゲルの影響の痕跡をどこかに見出せるヒューマンなナイーブ・アートの系列線上で、ある時期彼の独創的な個性が発揮されたということも事実だと思う。 ルソーからは無邪気で空想に溢れたエキサイティングな茶目っ気のあるエラン・ヴィタル(生命の躍動)を、ブリューゲルからはハート・ウォーミングな人間愛のソウルと多彩な色使いの劇的要素を学びとったということではないだろうか。」

「ヒロ・ヤマガタの世界」室伏哲郎/講談社刊より

「東京の空もパリの空も、灰色っぽいのね」と感じるヤマガタは、ロサンゼルスに移住して、「スカッとした」コバルトブルーの空に魅せられたといいます。パリに6年間住んで、1978年以降ロスに定住して10年(1988当時)、パリ時代に比べ一気に絢爛さを増しました。 カリフォルニアの陽光が「自由で楽しい絵」の才能を開花させたのでしょう。「根が明るいものだから、シリアスな方向にいかないで、楽しい方向に行ってしまう」という彼自身の言葉が、何よりも作風を表しています。

アメリカ画壇で「ヤマガタ・ブルー」の愛称があるという基調色。画面ではなにやら大騒ぎ、スポーツ大好き、乗り物大好きの底抜けに陽気、ユーモアにあふれた、どこか懐かしい、どこかで出会った絵柄たち。

渇望の「アメリカ・シーン」

国家的あるいは国民的行事のオフィシャルポスターのほとんどを一手に制作しているヤマガタのアメリカでの人気は、日本で想像する以上に高く、そのフィーバーぶりはフランスやオーストラリアにも広がり、いまや日本でも各種公式ポスターの原画にヤマガタ作品をという気運が盛り上がっています。 数えただけでも既に16件も依頼が殺到し「制作日程がとれない」「本当に描きたい絵が描けない」と悲鳴を上げているほど。

アメリカ絵画史の中には、アメリカ再発見を指向する伝統があります。ヤマガタ・フィーバーは、アメリカ国民がアメリカ再発見を望みながら、実は脱アメリカン・シーンに渇望していることからもたらされたともいえます。 ヤマガタは旧世界の都パリを郷愁し、新世界・アメリカの中で具現化させています。 そこにはアメリカ市民の伝統であるユーモアとグッドウィルが溢れ、コスモポリタン的に、パリの哀愁に染まった都市生活者の日常を、軽妙なドラマに、陽気な喧騒に、華麗なタッチで描きだしています。 脱アメリカン・シーンの創造者の登場を待ち望んでいたアメリカの大衆によって、爆発的な人気を博しているのも、こうした背景からといえるでしょう。

ヤマガタ ヒロミチ「ビュー・フロム・ザ・トップ」
ヤマガタ ヒロミチ「ビュー・フロム・ザ・トップ」

ヤマガタ ヒロミチ「父と子」
ヤマガタ ヒロミチ「父と子」


心温まるアートを世界から>>
 1 2 3 4 
このページは、1988年夏にガレリア・プロバから発行された「Heart Warming」の内容を掲載したものです。


© PROVA. All Rights Reserved. 本ウエブサイトの画像・文章は著作権・肖像権により保護されています。運営者の許可なく画像・文章を使用することはお断りいたします。