ガレリア・プロバ

ガレリア・プロバ1988年夏発行「Heart Warming」

丁紹光「チャイニーズソング」
丁紹光「チャイニーズソング」

丁紹光「トゥインズ」
丁紹光「トゥインズ」(部分)
Harold Altman ハロルド・アルトマン
ハロルド・アルトマン「秋」
ハロルド・アルトマン「秋」
「彼は、公園の中に表現の理想的状態、彼の芸術を構成する内的ドラマを見出した都会派の芸術家である。
時には、技術が緻密であるあまりに、限定的内容にとどまることもあれば、情景が感覚的で定着しにくいということもあるように、彼は技術面においても冒険的である。しかし、それは繊細で味わい深い音楽のように心地よく溶け合っている。」 ジョージ・マウナー(美術研究家)
1924年 ニューヨークに生まれる。 1951年より世界各地で300を超える個展開催。 2003年没。


Mark King マーク・キング
マーク・キング「デソータ スプリングス」
マーク・キング「デソータ スプリングス」
淡くやわらかい色調と、強くて対照的な色調が特徴です。また彼はチェロを演奏し、かつ大変な読書家でもあります。
そうしたさまざまなものから得た雰囲気が、作品に反映されているのです。描かれた人々の顔や外形は不明瞭ですが、その不完全さが見る人自身の想像力や体験が溶け合うような世界を創り出しているのです。
1931年 インド・ボンベイで英国人の両親のもとに生まれる。 1948年 単身英国に渡り、ポーンマウス大学で奨学生として、絵画、彫刻、建築、舞台設計を学ぶ。その7年、舞台の世界に没頭。 1961年 画家に転向。 1968年 新境地を求めて、アリゾナ州スコッツデールに住む。
ガゼッタ前身ハートウォーミング1988年夏号

ガレリア・プロバのテーマは「Heart Warming」です。名声や経歴ではなく、また理屈でもなく、見た人の心に感動がある作品、誰にでも分かる作品、家族みんなで楽しめる作品、明るく楽しく、きれいな作品・・・
単純なことですが、一番大切なことではないでしょうか。
立体、平面にこだわらず、「Heart Warming」してくれる作品を求め続けていきたいと思っています。

「プロバ(PROVA)」とはイタリア語で「試みる」とか「努力する」という意味。私たちはこれからも「Heart Warming」のある世界のアーティストを、積極的に日本に紹介したいと考え、夢を大きく広げて、“プロバ(PROVA)”してまいります。どうぞご期待ください。


Ting Shao Kuang ティン・シャオ・クワン(丁紹光)

画家であると同時に高名な芸術理論家であるティン氏は、伝統的な中国の特徴と近代西洋の精神の結合が必要だと主張しています。
その主張どおり、作品には中国絵画の技法(唐朝の古代技法)と、表現豊かな西洋美術が見事に結合しています。
特にビルマとの国境近くにあるXishuanbanna(シシャンバンナ)の森林地帯から得たインスピレーションは、作品を色彩豊かに、神秘的で幻想的なものにしています。

1939年、日中戦争勃発直後の中国北西部城固で生まれる。1957年北京の美術大学に入学、壁画を専攻する。1962年以来18年間昆明の教育大学で教鞭をとる。1983年米国永住権を得る。
丁紹光「エメラルドバレー」
丁紹光「エメラルドバレー」
ノーマン・ロックウェル「ドクター&ドール」
ノーマン・ロックウェル「ドクター&ドール」

Norman Rockwell ノーマン・ロックウェル
アメリカにはいろいろな顔がある。その「アメリカ」の歩みを60余年にわたって、つぶさに観察し描いた画家、ノーマン・ロックウェルは、イラストレーターから芸術家として評価されるようになり、彼が晩年を過ごしたマサチューーセッツ州ストックブリッジには、ノーマン・ロックウェル・ミュージアムが創設されている。

現在のロックウェル人気は、その主題自体から来ています。人々は彼がいかに描くかよりも、何を描くかに魅せられます。彼はアメリカ国民が誇りに思っていた時代の記録者であり、情熱的な正確さとやさしいユーモアを持った審判官で、その作品を鑑賞しているとノスタルジアの喜びでいっぱいになるのです。

1893年ニューヨークで生まれる。 1915年「サタデイ・イブニング・ポスト」の表紙を初めて描く。 1978年没。

Sahall サハール

ロチェスターにある「メモリアル・アート・ギャラリー」で正式に美術の勉強を始め、オハイオ・ウェスレイア大学に進み、同大学の美術学士号を取得する。

精神界の生命があり、力強さと流動性との微妙な均衡が見られます。
脈動的な色彩によって高められた印象主義、抽象主義とハイレベルなテクニックによる現実主義の結合、また対象物に対して彼女が抱いている感情や優しい気持ちが見事に描写されています。

1938年ニューヨーク ロチェスターで生まれる。
サハール「ソラリウム」
サハール「ソラリウム」
ブルーノ・ブルーニ「ヴィーナス」
ブルーノ・ブルーニ「ヴィーナス」

Bruno Bruni ブルーノ・ブルーニ

彼の作品は、ドイツを中心としたヨーロッパの多くのギャラリーの所蔵されています。
芸術的価値には高い評価が、そして美術評論家たちからも最高の賞賛を受けています。

1935年、イタリアのピサロに生まれる。 1959年、ピサロ大学を卒業。 1960年~65年はグレスコ、ウンダリッヒらとともに、ハンブルクの美術大学に在学。 1967年、ハンブルク市のリヒトワーク賞奨学生となる。 1977年、リトグラフ部門にて、インターナショナル・ゼネフェルダー賞を受賞。
ウンダリッヒ「ミノタウルス」
ウンダリッヒ「ミノタウルス」

Paul Wunderlich パウル・ウンダリッヒ

1927年 ドイツ ベルリンで生まれる。
1947年 ハンブルク美術学校に入学する。在学中からリトグラフに抜群の技術を持つ。1951年、卒業後、母校でリトグラフを教える。
1960年 マンハイム青年版画展でドイツ賞受賞、画壇に登場する。
1963年 ハンブルク美術アカデミー教授に就任。
1968年 東京国際版画ビエンナーレにてリトグラフで神奈川近代美術館賞受賞。日本での知名度も上がる。


<<ヤマガタ・ヒロミチ   藤田喬平他>>
 1 2 3 4 
このページは、1988年夏にガレリア・プロバから発行された「Heart Warming」の内容を掲載したものです。


© PROVA. All Rights Reserved. 本ウエブサイトの画像・文章は著作権・肖像権により保護されています。運営者の許可なく画像・文章を使用することはお断りいたします。