ガレリア・プロバ

ガレリア・プロバ La Gazzetta 創刊準備号




アート・ボキャブラリー

シルクスクリーン【Silkscreen/Serigraph】

ガレリア・プロバでは主にシルクスクリーン作品を皆様にご紹介しております。
このシルクスクリーンというのは版画の一種で、セリグラフとも呼ばれています。
シルクスクリーンの技法を要約してみましょう。

木、または金属の枠に張った絹、ナイロン、テトロン、ステンレス・スティールなどの細かい織り目(網目)を部分的に塞ぎます。
そして、ゴムのへらでインクか絵具を版の下に置いた紙に直接刷り込みます。
そうすると塞がれていない部分だけインクが通過することになるので、好きな図柄を刷り出すことができるのです。

原版の織り目を“塞ぐ”には、スクリーンに専用の材料を使って直接描く方ほ、型紙を当てるカッティング法、写真製版法があります。
年賀状などによく使われている“プリントごっこ”は、シルクスクリーンの簡単なものです。

アートとしてのシルクスクリーンを制作するには、一流のプリンターが、アーティストの原画から一つ一つ色を拾っていき、各色毎に一枚の版を制作します。
そして、アーティストの監督の元に、オリジナルと同じ色を調合し、紙の上に順に重ねていくのです。

何枚も刷った中から、ズレたりホコリやゴミの付着したものを捨て、アーティストが認めた物のみ、そのアーティストがサインを入れて完全な版画として完成します。
もちろん、制作課程で使った版は使用後即、廃棄されます。

こうしてシルクスクリーンは限定版となり、アーティストの直接サインの他にエディション・ナンバー(限定版号)が書き込まれます。
エディション・ナンバーは分母が全体の枚数、分子がその1枚の番号を示す、いわゆる身分証明書のようなものです。

エディション・ナンバーを表すために、普通の算用数字の他にローマ数字が使われたもの、冒頭にAP(アーティスト・プルーフ)、PP(プリンターズ・プルーフ)、HC(非売品)、M(美術館用)等の分類が付け足されたナンバーが使われることがあります。
ただし、どのナンバーが使われていても、作品の出来上がり状態も作品としての価値も全く同等です。

皆さんにすでにお馴染みのヤマガタ・ヒロミチやティン・シャオ・クァンのシルクスクリーンもこうしたプロセスをふんで完成するのです。

藤田喬平「飾筥:室町」
藤田喬平「飾筥:室町」

藤田喬平先生、芸術院恩賜賞受賞

ガラス・アートでは、世界的に第一人者であられる藤田喬平先生が、このたび栄誉ある芸術院恩賜賞を受賞なさいました。
プロバのスタッフ一同心より御祝い申し上げます。

資金5000円ほどだけで独立してから40余年、藤田先生はガラス・アート一筋に独自の世界を作り上げて来られました。
昭和39年、第4回高島屋個展にてガラス芸術の美を極めたといわれる流動ガラスの傑作、”虹彩”を発表されました。
昭和48年には、第2の記念すべき作品、”飾筥”シリーズも始められました。
昭和52年にはヴェニスでの制作を開始されました。
日本とは違った環境の中で新しく自由な発想を持って制作されたカンナ模様の作品は、藤田・ガラスに新風を吹き込んだのです。
毎年の個展では、いつも新しい作風で私たちを感嘆させて下さる先生のガラスアートは、世界の人々を魅了し続けています。

プロバも、そんな藤田先生のガラスの世界に魅了され、先生の作品を取り扱わせていただいていることを光栄に思っております。



海外情報

ガレリア・プロバの“プロバ”とは、イタリア語で“試みる”とか“努力する”という意味。
生まれは日本、名前はイタリアン、そして取扱アーティストはアメリカを始め、日本、イタリア、中国、デンマーク、ドイツなど世界中から。
プロバは特に、アメリカ版画(コマーシャル・アート)市場のエキスパートであり、本当の意味でのインターナショナルなアート・ギャラリーであると自負しております。

そんなインターナショナルなギャラリーにふさわしく、創刊号より、海外のアーティスト情報を皆様にご紹介していこうと思います。

第一回はニューヨーク・アート・エキスポの様子をお知らせしたいと思いますので、創刊号をご期待ください。

PERSONAL GALLERY

創刊号より、プロバのお客様をラ・ガゼッタ紙上でご紹介していこうと思っています。 プロバとの出会いや、アートのある暮らしのユニークなエピソードなどをインタヴューさせて頂き、ハート・ウォーミングなプロバ・ファミリーの輪を広めていきたいと思っています。 掲載御希望の方はガレリア・プロバ本店内、ラ・ガゼッタ編集部までその旨、お申し出ください。

  春のプロバ個展スケジュール
   4/29~5/14 ヤマガタ・ヒロミチ原画展
   5/16~28 GOLF・ゴルフ・GOLF展

  その他のヤマガタ・ヒロミチ展
   4/27~5/9 名古屋松坂屋
   5/18~23 大阪松坂屋
   5/25~30 静岡松坂屋

  丁紹光と周菱展 現代中国巨匠二人展
   6/1~10 お茶の水スクエア・アートプラザ


<<御挨拶   新作・推薦作コーナー>>
 1 2 3 
このページは、1989年4月28日にガレリア・プロバから発行された「La Gazzetta 創刊準備号」の内容を掲載したものです。


© PROVA. All Rights Reserved. 本ウエブサイトの画像・文章は著作権・肖像権により保護されています。運営者の許可なく画像・文章を使用することはお断りいたします。