ホアキン・トレンツ・リャド版画WEB美術館
J.トレンツ・リャド「オリバー&マリア」


私にとって、自分の子供たちは常に絵の対象になる。
子供たちの成長が止まり、その愛らしさのままでいて欲しい、時がしばし止まってくれれば、
という強い思いにかられることが、誰でもあると思う。

世界中の子供をもった親たちが、夢中になって子供の写真を撮るのはこの思いからだろう。
私は写真を撮る代わりに、子供たちを描く。

『J.Torrents Llado vol.3』より

オリバー&マリア
Oliver & Maria
シルクスクリーン
67.7x56.0(cm)
HOSHIDA PRINT WORKSHOP, 1991
サイン:J.トレンツ・リャド